Fランだけど大手企業の3次選考まで行けた!

私が就職活動で良かった事はたくさんございますが、今回は「Fランの私が新卒時代に大手企業に挑戦した事」についてご紹介していきます。

【Fランだけど大手会社の3次選考まで行けた】
私は出身大学が偏差値40でいわゆる「Fラン」でした。しかし、当時の私は大手企業に入社したいという熱意が強かったので、有名大学出身では無いのに、大手企業をたくさん受けていきました。
その中でも、私はマスコミ関係の仕事に就きたかったので、大手マスコミ企業に片っ端から応募。結果的に、NHK・TBS・フジテレビは応募の時点で落ちてしまいましたが
テレビ朝日・テレビ東京は何とか面接まで進む事が出来ました。
大学のキャリアセンターの人からしたら「面接まで進めただけでも凄い!」と言われたので、それだけでもかなり嬉しかったです。
テレビ東京の面接の方は緊張のあまり、上手く喋れないで面接は落ちてしまいましたが、テレビ朝日は1次面接を通過し2次面接に進む事が出来ました。結果的には2次面接で落ちてしまったのですが、この経験から「Fランでも頑張れば良い所まで行けるのだ!」という事が分かりました。
なので、もし偏差値が低い大学出身の人や、良い資格を持っていない人の中で、大手企業に勤めたいという事がいらしたら、挑戦をした方が良いです。
私はテレビ朝日やテレビ東京を受けると周りに言ったら「あそこは早稲田とかの人が受ける所だよ。アンタはエントリーシートも通過しないよ」と言われたりもしましたが、結果的に、テレビ朝日に関しては「1次選考のwebテスト・ES」「2次選考の1次面接」を通過する事が出来ました。
最近では学歴をESに書かせない企業も増えてきているようです。なので、学歴に自信が無い人でも、ばんばんと大手企業に挑戦した方が良いです!仮に落ちてしまったとしても、その経験は後程役に立ってきます。打席に立たずに三振するよりも、打席に立ってフルスイングで三振をした方が、後悔はございませんよ!

医師 転職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です