転職を考える時

今、働いている方で自分の職場、あるいは仕事内容や仕事環境に100%満足している、という方は少ないのではないでしょうか。
誰でも何らかの不満や不安があると思いますが、転職する程の理由にならない、というのが大半の人の状況だと思います。
この不満や不安が大きくなり、あるレベルを超えると転職を考えるようになってきます。そのきっかけは大きな事かもしれませんし、些細な事もあるかもしれません。
私の体験談を書きますと、まず年齢的な要因が大きい様に感じられます。年齢的に、27歳くらいから31歳くらいの間、丁度、社会人になって、ある程度の経験を積んで社会的にも自分の仕事的にも自信が持てるようになってきて、仕事的にも責任のある業務を任されたり、主力戦力として期待される立場になってきている中間層の一歩手前、このような時期は、転職を考え始めるようになると思われます。私も27歳ごろから段々と転職を考えるようになりました。
次の要因として、勤めている会社や担当している業務の将来性について、自分自身がどう感じているか、が大きいのではないかと考えられます。
今、自分が担当している業務について、将来性を見いだせない場合、その業務について充実感や満足感を得られるでしょうか?
こんな事をやっていて、そのうちこの仕事はダメになると思っていて続けていけるのでしょうか。この会社は、このままでは潰れてしまうと考えていると、どうしても不安が大きくなり、仕事を続けて行く意欲を維持することは難しくなっていくと思われます。私が転職前にいた会社の場合、業務は新しい将来性のある先進的な内容で興味深いものでしたが、会社の業績が悪く、近い将来に倒産するのではないか?という不安な空気が漂っていました。また、新規事業というものは、すぐには利益が出るものではなく、そういった業務に注力することで、この先、本当に大丈夫なのか??という不安が益々増えて行きました。
もう一つの要因としては、仕事量があります。朝から晩まで非常に忙しくて休日出勤当たりまえ、上司も誰もフォローしてくれない、という環境で長期間勤務するのは限界があります。私の場合は、始発で出勤して帰宅はいつも終電、たまに帰れない日があり、土曜日出勤は当たり前で、3回に一回くらいの割合で日曜日も出勤していました。今は長時間労働に関する規制が厳しくなっているので、ここまで極端な事は少ないかもしれませんが、仕事に押し潰されそうになりプライベートな時間が減っていくと、転職を考えるようになります。現代人は仕事だけをして生きるというわけにはいかないのです。
前述の要因が積み重なって来て、実際に転職してしまう程のトリガーになるものは何でしょう?私の場合は他の会社で働いてみたい、という好奇心でした。
誰でも隣の庭の芝生は青く見えるもので、そう思いだすと他の会社で働けばもっと生活が充実するのではないか?と考え始めるようになります。
私の場合、ここでトドメの一撃になるような出来事が起こりました。会社には最寄り駅から自転車で通勤していたのですが、その自転車が社内で盗まれたのです。
会社は大きな工場で工場内の移動も自転車があれば便利なのですが、誰かが私の自転車を無断借用して、工場の反対側に乗り捨てる、という事が起こりました。
元々、雰囲気の良い会社ではない、と思っていましたが、この出来事には呆れたというか、絶望してしまって、こんな会社で働くわけにいかない、と思い込み、転職を決意してしまいました。今から考えれば、社員全員がモラルの低い人というわけではなく、ごく一部の残念な人の行動によるものですが、この状況では転職以外にありえない、と思い込むに至りました。転職を考える要因は様々でしょうけど、何がきっかけで転職に至るかは分からないものです。

医師 転職 東京 神奈川 埼玉 千葉

プロのアドバイスを受けることが大切

自分のことは、他人の方がよく分かることがあります。
他人に自分のころは分からないというのも正しい意見です。
しかし、時には人の声にも耳を傾けましょう。
私は転職活動の初期は、自分だけで何とかしようと思っていました。
応募書類や面接対策も自分で考えてやってきました。
でも、なかなか書類選考が通らないのです。
面接に進んでも、うまく伝えることができない。
なかなか苦戦していました。
そんな時に、転職エージェントの存在を知ることになりました。
このままではいけないというモヤモヤがあったので、とりあえず登録することに。
そして、担当の方を面談をすることになりました。
すると、いきなりダメ出しをされたのです。
職務経歴書の書き方が良くないということでした。
自分ではそれなりの出来だとは思っていたのですけどね。
これではあなたの経歴や人間性が伝わらないと言われたのです。
確かに私は抽象的な表現をよく使うので、具体性がなかったのだと思います。
その時にアドバイスされたことは、数字などを使うと具体性が出るとのことでした。
そのため書き直すことになりました。
家に帰って指摘された部分を直すことに。
そして二度目の面談で、かなり良くなったと及第点をもらえました。
改善した応募書類で、求人にどんどん応募しました。
すると、以前よりも書類選考が通るようになったのです。
面接に進める機会が多くなったのは、とても進歩したと思います。
肝心な面接ですが、こちらもエージェントの方で模擬面接を行っていれます。
どういった業界や職種を受けるのかを伝えると、それに合わせた質問をしてくれるのです。
ここでも、ダメ出しを受けます。
この会社じゃないといけない理由を私は答えられなかったのです。
企業研究が甘いとのことでした。
会社のことについて調べていると、その会社じゃないといけない理由が見つかるとのこと。
その言葉を聞いて、しっかりと応募企業について調べる習慣がつきました。
たくさんの企業に応募していると、その中の2社から内定をいただけました。
あの時に転職エージェントを利用して良かったと思いました。

医師 転職 産業医 女性 ママ

Fランだけど大手企業の3次選考まで行けた!

私が就職活動で良かった事はたくさんございますが、今回は「Fランの私が新卒時代に大手企業に挑戦した事」についてご紹介していきます。

【Fランだけど大手会社の3次選考まで行けた】
私は出身大学が偏差値40でいわゆる「Fラン」でした。しかし、当時の私は大手企業に入社したいという熱意が強かったので、有名大学出身では無いのに、大手企業をたくさん受けていきました。
その中でも、私はマスコミ関係の仕事に就きたかったので、大手マスコミ企業に片っ端から応募。結果的に、NHK・TBS・フジテレビは応募の時点で落ちてしまいましたが
テレビ朝日・テレビ東京は何とか面接まで進む事が出来ました。
大学のキャリアセンターの人からしたら「面接まで進めただけでも凄い!」と言われたので、それだけでもかなり嬉しかったです。
テレビ東京の面接の方は緊張のあまり、上手く喋れないで面接は落ちてしまいましたが、テレビ朝日は1次面接を通過し2次面接に進む事が出来ました。結果的には2次面接で落ちてしまったのですが、この経験から「Fランでも頑張れば良い所まで行けるのだ!」という事が分かりました。
なので、もし偏差値が低い大学出身の人や、良い資格を持っていない人の中で、大手企業に勤めたいという事がいらしたら、挑戦をした方が良いです。
私はテレビ朝日やテレビ東京を受けると周りに言ったら「あそこは早稲田とかの人が受ける所だよ。アンタはエントリーシートも通過しないよ」と言われたりもしましたが、結果的に、テレビ朝日に関しては「1次選考のwebテスト・ES」「2次選考の1次面接」を通過する事が出来ました。
最近では学歴をESに書かせない企業も増えてきているようです。なので、学歴に自信が無い人でも、ばんばんと大手企業に挑戦した方が良いです!仮に落ちてしまったとしても、その経験は後程役に立ってきます。打席に立たずに三振するよりも、打席に立ってフルスイングで三振をした方が、後悔はございませんよ!

医師 転職